09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
     

秋土用です

2017.10.21 (Sat)

こんにちは。
和み薬膳主宰の今藤さちよです。
ご訪問ありがとうございます。

毎日、雨がよくふりますね。
台風も心配な週末です。


さて、
昨日から、秋土用に入りました。
土用は年に4回ある、調整期間です。

新しいことに目を向けるより、
今あるものに目を向けること。

部屋の片付けやメンテナンス、
足元固めにオススメの期間です。


食べることで言えば、
消化吸収を整えることが体のメンテナンスに繋がります。

いつも以上に、
暴飲暴食は控えましょう。
(暴飲暴食もなる量は人それぞれです)


土用の時期は、家電が壊れやすいとも言われています。
特に、土用に購入した家電…

先程から、PCの調子が悪く、
これはいつ購入したかしら?と嫌な予感がしております…
祈る思いで、立ち上がるのを待っています。


皆さま、ご無事に秋土用をお過ごしください!


にほんブログ村
12:24  |  薬膳コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「愛してる」のサイン

2017.10.17 (Tue)

こんばんは。
和み薬膳主宰の今藤さちよです。
ご訪問ありがとうございます。


息子が社会人になり、
半年が過ぎました。

最近、
「心の未病サイン」を考えるキッカケがありました。
(キッカケについてはもう1つのブログに。
よろしければこちらです→☆☆☆


体も心も未病のうちに向き合いたいですね。
そんな時、薬膳は味方になってくれます。

薬膳は、
中医学の考え方と食材の特性を活かして作る料理です。

ただ、
食材のチカラや栄養素ばかりがひとり歩きするのは違うと思っています。


私が薬膳を好きな理由、
「ひとりひとりの個性を大切にするところ」

体質=個性
環境=個性を作り出すもの

これを考慮に入れて、作るのが薬膳です。


だから、
今日は寒かったから温かいもの、
お疲れ気味だから消化の良いもの、
凹んでるから好きなもの、

これが「薬膳のはじめの一歩」だと私は思っています。


相手を思って作る、薬膳は思いやり。

メットを5回ぶつけたり、
ブレーキランプ5回点滅させたり…(笑)

それと同じように、
薬膳は大切な人への、
「愛してる」のサインです。


***ただいま開講中の講座ご案内です***

【有隣堂戸塚カルチャーさま】
『薬膳の食卓』
〈次回レッスン〉
10月26日 13:00~14:30(体験レッスン日です)
毎月第4木曜日の定期講座です

毎月、季節に合った身近な食材3つを取り上げて、効能やレシピなどお話しします。


【ヨークカルチャーセンター府中店さま】
『薬膳の知恵12ヶ月』
〈次回レッスン〉
11月7日 13:30~15:00(随時体験レッスン受付中)
毎月第1火曜日の定期講座です

毎月、薬膳食材を1つ取り上げて、
使い方や効能、購入方法などお話しします。


お問い合わせは、
それぞれのカルチャーセンターさま、または、
当ブログ☆よりお気軽にお問い合わせくださいませ。




にほんブログ村
18:57  |  薬膳コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

秋分、陰陽バランス

2017.09.23 (Sat)

こんにちは。
今藤さちよです。

本日もご訪問ありがとうございます。


今日は秋分の日ですね。
昼と夜の長さが同じ、
陰陽が同じ日です。

春分はそこから陽に向かって、
秋分はここから陰に向かって、
季節は移り変わります。

どの季節でも、心と身体を健やかに保つために目指したいのは、
陰陽のバランスが良いこと=中庸(ちゅうよう)

季節が行ったり来たりする秋は、
心身のバランスを崩しやすい時期でもあります。

秋分を境に、少しずつ陰に傾きつつある季節の波をしっかりとらえて、
乗りこなしましょう。

乗りこなすためには、
まず、良い睡眠を確保すること。

夕方以降の活動は控えめにしたり、
夕飯を食べ過ぎないようにしたり、
そんな「当たり前」をきちんと意識することが健やかさにつながります。

洋服の衣替えと同じように、
身体の秋支度も意識していきましょう。

にほんブログ村
15:34  |  薬膳コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

手当てのススメ

2017.08.29 (Tue)

こんばんは。
和み薬膳主宰の今藤さちよです。
ご訪問ありがとうございます。


普段忙しく生活していると、
自分自身でも不調に気づかないことがあります。

そんな時にオススメなのが、
「手当て」です。

手当てとは、文字通り、
体に手を当てること。

具合の悪い時、
誰かにそっとさすってもらうと、
痛みや不調が和らぐ気がしますね。

その手当てを、自分自身でするのです。

頭、首、肩…
さらに胸、胃、お腹。

さすったり、軽く押したりしながら、
届くところを手当てします。

すると、意外と冷たかったり、
コリがあったり、
不快感があったり、
そんな小さな不調に気づくことがあります。

例えば、胃の不快感に気づいたら、
食事の量を減らすなど、
早めに対処することができます。

1日にほんのわずかでも、
ご自分の体と向き合う時間を作ってみてくださいね。


にほんブログ村
20:34  |  薬膳コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夏も寒気の風邪を引きます

2017.08.22 (Tue)

こんばんは。
和み薬膳主宰の今藤さちよです。
ご訪問ありがとうございます。


夏らしくないお天気が続いています。
みなさま、体調はいかがですか?

我が家では、昨夜、息子が風邪を引きました。

エアコンが効きすぎていたり、
週末夜遊びをしたり、
仕事もずっと忙しかったので、
体力が落ちていたのかもしれません。


風邪は薬膳の得意とするところ。
早速、弁証です!

最初の症状は、寒気喉の痛み
も少しありました。

寒気がある場合、私はそちらを優先します。
なので、温めて発散させる、
生姜やシナモンをチョイス
です。

大量の発汗とともに、
喉の痛みが少し増したようでしたが、
それは想定内。


今朝は熱も下がっていたので、気と陰を補うための薬膳茶とうどんにしました。


午後にはだいぶ良くなるよ~と言っておいた通り、
夕方『だいぶ良くなったよ~』と帰るLINEがあり、一安心。


少し、腰にだるさがあるようなので、
夕飯は生姜や豆腐を入れたスープと薬膳茶にしました。

風邪の時は、消化に負担をかけないことが何より大切です。

夕飯を食べながら、
息子に『さすがです!』の言葉をもらって、
かなり嬉しい母です!


薬膳は、思いやりです。
もちろん基本はあるけれど、
相手を見て、想像して、初めて成り立つもの。

薬膳の、そんなところが私は大好きです。



にほんブログ村
20:11  |  薬膳コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT