07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
     

立秋、水分チャージ

2017.08.07 (Mon)

こんばんは。
和み薬膳主宰の今藤さちよです。
ご訪問ありがとうございます!


今日は立秋。
暦の上では、秋の始まりです。

とはいえ、まだまだ暑いですよね。
どちらかといえば、夏が満了になり、
秋が生まれた…といった感じでしょうか。

なので、まだ夏旺盛、
暑いです!


暑さによる渇きをそのままにしていると、
熱中症や夏バテはもちろん、
秋にも乾燥のトラブルが起こりやすくなります。


そんな時の強い味方は果物。

その中でも、一番のオススメは、
そろそろ店頭に並び始めたです。

梨には、渇きを潤すための、体に必要な水分を生み出す力があります!


水をガブガブ飲みたくなる暑さはまだ続きそうですが、
果物で、上手に体の渇きを潤しましょう!

にほんブログ村
18:15  |  薬膳コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

土用はいつまで?

2017.08.03 (Thu)

こんばんは。
和み薬膳主宰の今藤さちよです。
ご訪問ありがとうございます!


さて、
ただいま土用真っ最中です。

先日の記事でも書きましたが、
息子は毎回、土用のたびに体調を崩します。

今日、会社から帰宅するなり、
『もう土用は終わったよね?』と確認。

いえいえ、
土用は8月6日、立秋の前日までです!

でも、今回はいつも以上に気をつけているので、今のところ元気いっぱい、
ひと安心です。


気をつけているのは、
とにかく、消化吸収に負担をかけないこと。

揚げ物や生もの、甘いものはいつも以上に控えています。


先日のヨークカルチャー府中店さまで取り上げた、
蓮の実もオススメな食材↓


蓮の実は、消化吸収力を整えて、
さらに、夏の時期に影響を受けやすい心(≒心臓)を養ってくれます。


8月になって、
大雨や急な涼しさなど、不安定なお天気が続いています。

体調の変化には十分気をつけて、
夏を楽しみましょう。

にほんブログ村
19:40  |  薬膳コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今日から土用です

2017.07.19 (Wed)

こんばんは。
和み薬膳主宰の今藤さちよです。
ご訪問ありがとうございます!


今日は土用の入り。
(マッチのお誕生日でもあります!笑)

夏土用は一番メジャーですね。
ウナギを食べる丑の日ももうすぐです。

実は一年に4回ある土用、
この時期は調整期間。

占いや風水の世界でも、無理をせず、足元固めの時期とされています。

薬膳的に調整とは、やっぱり消化吸収を整えること。
暴飲暴食を控えて、消化吸収を整える食事を心がけます。

ちなみに、
暴飲暴食をしない、とは、自分の消化吸収力キャパの八分目を守る、ということ。
だから、人によって、暴飲暴食となる量は違います。
自分のキャパを知ることがとても重要なのです。


息子はなぜか毎回、土用の初めに予定が立て込み、土用中に体調を崩します。
今回も、ただいま夏休みのため、沖縄旅行中、
そして、帰ってきてからも、飲み会オンパレード。

本人は、土用に体調を崩すと分かっているので、
予定が全て終わったあと、体調崩さないための養生を頼むと言って、出かけて行きました。


この時期の無理は、次の季節のスタートを妨げます。
無理をしないで、いつも以上に身体と心の声を聞いてあげてくださいね。


次回、夏休み部活の持ち物の続き、をお伝えします。

にほんブログ村
18:33  |  薬膳コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今年も!ダイエットするなら

2017.06.30 (Fri)

こんばんは。
和み薬膳主宰の今藤さちよです。
いつもご訪問ありがとうございます!


さあ、明日から7月!
プールや海が解禁です。

中医学では、季節の波に乗れていれば、
夏は冬よりも2、3キロ減るのが自然と考えられています。

生徒さまは、いつもホワイトボードに私が書いている、あの波を思い浮かべてくださいね。


ちなみに私、今年は冬よりもただいま4キロ減量しております。

10年ほど前に13キロ減量し、それが毎年着々と戻りつつあったので、
ここでガツンと気合いを入れてみました。


中医学的ダイエットは、
①消化吸収力を落とさない
②気血をしっかりと補える肉や魚(タンパク質類)を摂る
③体を動かし、気を巡らせる

これらは、身体のエコ活動を防ぐ効果もあります。
エコ体質になると、代謝がされず、ますます溜め込み体質になってしまうのです。

さらに、これにプラスして、
ご自分の体質にあった対策を取ることも近道になります。
ふくよか体型の方は、何かが滞ってると考えられます。
例えば、滞ってるのは血なのか、水なのか、
はたまた、冷えが悪さをしているのか…など。


よくありがちな〇〇だけダイエット、〇〇抜きダイエット、などは、
健康的なダイエットからは遠いものです。


そして、一番大切なのが、
『根気』

これはどんなダイエットにも欠かせない、何よりの強みです。


効果的な食事法と、筋肉を呼び起こすことも忘れずに。

『なかなか効果が現れないなぁ』と思い始めてから1週間後くらいが変化の始まる目安です。

毎日コツコツと、夏体型を作りましょう!

にほんブログ村
20:44  |  薬膳コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

月一の通信簿

2017.06.25 (Sun)

こんばんは。
和み薬膳主宰の今藤さちよです。
ご訪問ありがとうございます!


今日は月に一度の中医学講座、
診断学を学んでいます。
今月のテーマは、生理痛でした。


ドラッグストアに行くと、たくさんの鎮痛剤が置いてあります。
CMでは“生理痛に…”と宣伝しているし、
誰もが“辛いのが当たり前”と思い込みがちです。


でも、この生理痛、
実は、健康ならば無いのが当たり前、と知っていますか?


毎月の生理は女性にとって、デトックスであり、
そのひと月の過ごし方がわかる通信簿でもあるのです。


生理に限らず、不調を改善するには、
昨日、1週間前、さらには1ヶ月前の過ごし方にヒントが隠れているのですが、
女性の場合、月に一度の生理の様子を観察することが体調管理につながります。


例えば、
いつもよりストレスがあったか、
シャワーだけで過ごしたか、
寝不足が続いていたか、
冷えていたか、

そのひと月をどう過ごしたか、
生理時の痛みや経血の様子で、想像することができます。

もしも、毎月の生理で、鎮痛剤が手放せないような状態でしたら、
それが当たり前ではないと知り、改善する手立てを取りましょう。

それには、毎日の養生がすごく大切。

その養生の積み重ねが、生理痛や生理不順はもちろん、
不妊や更年期障害の対策にもなります。


さらに、
10代女性が、生理痛や生理不順について知ることもすごく重要です。
それには、お母さんが“女性の先輩”として、
母娘で生理について、しっかりと話し合える関係でいることが大切ですね。

私自身、薬膳の勉強をするまでは、
若い頃から鎮痛剤が手放せず、生理不順もかなりひどかったのですが、
娘は、生理時の方が体調が良い、というほど、
母娘でも、違いがあります。

また、
特に、中高生のスポーツ女子は、生理としっかりと向き合うことが、パフォーマンス向上にもつながります。

合宿や試合時に『無月経』を喜んだりする子がいますが、
それは本当に心配なことです。


中医学的養生は、女性の悩みの改善が得意です。
食事や生活養生も改善を早めてくれます。


女性にとっての大切な通信簿を毎月楽しみにできるよう、
日々を過ごしてまいりましょう。



にほんブログ村
21:17  |  薬膳コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT