こんにちは
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

毎日暑すぎる日が続いています…みなさま、夏バテなどされていませんか?

薬膳では、冷たいもの、甘いもの、生ものは消化器官を冷やし、辛いもの、脂っこいものは消化器官に負担をかけるとされています。

いかがでしょう?
冷たいものばかり召し上がっていないでしょうか?

私たちが食べたものは、消化器官で身体に必要なもの(例えばエネルギー、血や潤い)に変えられて、必要な場所へと運ばれていきます。
ですが、消化器官冷えて弱ってしまうと、食べたものを消化吸収することができなくなります。

薬膳的に冷たいもの、甘いもの、生ものは消化器官を冷やし、辛いものなどの刺激物は消化器官に負担をかけ、弱らせるとされています。

消化吸収できなかった食べ物は、身体に不必要な湿気となり、身体の中で不具合を起こします。
そこから、夏バテなどの不調を起こしてしまうのです。


暑いときの養生としては、身体の中にこもった熱を冷ます食材水分を補う食材を摂ることを心がけると良いですね。

身体の中にこもった熱を冷ます食材は、主に夏野菜。
緑豆、冬瓜、トマト、きゅうり、なす、ゴーヤ、海藻類、豆腐、スイカ、緑茶など。

水分を補う食材は、やはり夏野菜の代表、トマトやきゅうり
他には、冬瓜、オクラ、ズッキーニ、豆腐、白きくらげ、れんこんなど。

また、暑いだけでなく、ムシムシの暑さには、身体のなかに溜まった湿気を追い出す食材も摂りたいところ。
はと麦、小豆、緑豆、冬瓜、とうもろこし、なす、スイカ、海藻類など。

そして、体内の除湿をしつつ、夏に弱りがちな心臓を養ってくれるアサリもおススメです。

これらの食材を、温かいスープなどの調理法で食べることによって、暑さ対策と水分補給ができます。

冷たいものに手を伸ばしてしまいそうな暑さですが、1日3食のうち、1食心がけるだけでも養生になると思います。
氷入り飲み物のがぶ飲みは控えて、まだまだ続く夏を元気に過ごしましょう!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

こんばんは
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

朝7時に秋田を出発して、15時に到着。
渋滞もなく、順調でした。
8時間のドライブのBGMは、ミスチルとサザン♪
娘が乗っていると、選曲権は私たちにはなく、ゆずとセカオワ。
今回は久しぶりに主人の選曲となりました。

途中、那須高原で休憩。



明るいうちに帰宅できたので、たくさんの洗濯物と格闘し、ろくな物を食べていなかったらしい子どもたちに、夕飯作り。
作り置きの焼き豚もほとんどそのまま残ってて、温めるのさえ面倒だったのかしら。
というわけで、あっという間に日常が戻ってきました!


秋田で毎食出てきた万願寺とうがらし。
美味しい!とバクバク食べてたら、朝市でお土産に買ってきてくれました。

トマト、ナス、きゅうりもいっぱい。
自家製の梅漬けとお味噌も。


万願寺とうがらしは京野菜で、とうがらしの王様と言われてるそう。
肉厚で種も気にならず、辛くもないので、そのまま甘辛く煮たり、薄切りの豚肉で巻いて焼いたり…とにかく美味しかったです。

辛くないので、身体を温めすぎることは無いかな。
どちらかというと、ピーマンのように理気かな…と思いながらいただきました。

理気とは、身体の中の気(エネルギー)を巡らせてくれるということ。
イライラしたり、鬱々したり…そんな時に摂りたい食材です。


短い帰省でしたが、母が元気で安心しました。
私がこうして、好きなことを仕事にしようと頑張れるのも、今藤の母や実家の両親が元気で楽しく過ごしてくれているからこそ。
ありがたいなぁと心から感じた夏休みでした!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

こんにちは
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

本日、秋田滞在2日目。
また雨で、寒いくらいです。

今日は道の駅『岩城』へ。
こちらは海沿いにあり、温泉施設やオートキャンプ場が併設されてる道の駅です。

囲いの中は波が立っていて、サーファーがたくさんいました。

美味しそうな丼もあったのですが、イカ焼きを主人と分けっこ。


そのまま西目という町へ移動し、主人が調べておいてくれたうどん屋さんへ。
定休日ではありませんでした笑

こちらは自家製生うどん専門店ということで、開店時間も11時から14時半。
海に向かう途中の、周りに何もない場所でしたが、次から次へとお客さんでいっぱいでした。

私が頼んだのは温かい山菜うどん↓

寒いので温かいうどんです!

主人が頼んだのは、肉うどん↓


つゆにも添加物など使ってないとのこと。
あごダシ、さらに昆布やかつおも使っているそうです。
そういえば、昨日食べた手打ちラーメン屋さんのだしも、あごダシだったなぁ。

あごダシの『あご』とは、トビウオのこと。
九州地方や日本海側ではよく使われているダシだそうで、顎が外れるほど美味しいというところからきてるとの説も。

トビウオの薬膳的効能は補気と健脾。
消化器官を元気にしながら、エネルギーがチャージできます。
土用の季節にピッタリ。

アスリート食のダシにもぜひ使いたいですね!
粉末になってるものも売っているので、上手に使ってみたいです。

そしていつもの温泉↓

こちらは実家から車だと3分くらいの近所にあります。
鶴舞城跡の本荘公園近くにある鶴舞温泉はすぐ横に御手作堤があって、景色の良い広い休憩室もあります。

切り傷、筋肉痛、皮膚病、疲労回復などなどの効能があるそうです。
ナトリウム一塩化物泉という温泉で塩辛い。
お肌はツルツルになります!

さて、夏休みももう終わり…明日の朝には家へ向けて出発します。


『うどん工房 いぶき』さん
http://udon-ibuki.com

『鶴舞温泉』さん
http://www.tohoku-daiken.com/contents/business/manager/facility/10.html
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

こんにちは
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

今朝、起きたら新潟は雨。
ところどころで土砂降りの中、秋田へ。

海もどんよりしてますが、

秋田に着く頃には雨も止んでいました。

昨日までは暑かったらしいのですが、雨のおかげで涼しい!

いつもの岩牡蠣屋さんに寄って、

いつもの温泉に入って、

今藤の母も元気で、ホッとしました。

つかの間の夏休み、楽しみつつ…

仕事道具持参してるので、仕事もします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

こんばんは
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

今日は新所沢のかふぇうららさんで『薬膳の日』を開催いたしました。
梅雨明けした7月のテーマは“夏バテ対策の薬膳ランチ”


•ゴーヤチャンプルー
•枝豆とひじきの煮物
•大根と梅肉のサラダ
•生姜の佃煮
•ガスパチョ

夏野菜は身体の熱を冷ましてくれます。
やっぱり旬の物をいただくというのは大切ですね。

先月はママ友が来てくれて、今月は薬膳仲間が来てくれて、嬉しい『薬膳の日』が続いています。


そして、今日は3時に主人が迎えに来てくれて、そのまま新潟へ。
今年の旅行は、試験中の息子と受験生のはずの娘はお留守番で、夫婦二人旅。

新潟で、本当は美味しいお寿司屋さんを探しておいてくれたらしいのですが、行ってみたら定休日。笑
気を取り直してお隣のお刺身屋さんへ。

お酒の飲み比べもできて、楽しく美味しいお店で大満足!

明日は主人の実家がある秋田へ向かいます。
途中、道の駅で岩牡蠣を食べるのが楽しみです♪

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

こんにちは
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

2度ほど続けて、アンチエイジングのお話をさせていただきました。

今日は所沢、“かふぇうらら”さんで薬膳弁当を作っていただきました、
先日は、近所に住む友人のお料理教室で、ご提案した食材を使ってのお教室をしてくださいました。



こちらは先日のお教室でのお料理↑

アンチエイジング。
オトナ女子には永遠のテーマですね。
年齢に逆らわずとも、緩やかに元気に過ごしていきたいと思うものです。

薬膳的にアンチエイジングを考えるときに主役になるのは『腎』です。
『腎』は、成長や老化に深くかかわる生命力の源であり、生命の根本となる精の貯蔵庫です。
精には、生まれたときに両親から受け継いでいるもの(先天の精)と、生まれた後に食べ物から作られるもの(後天の精)があります。
そのため、食べ物をきちんと必要な形に変えて運ぶのに欠かせない消化器官(脾)も元気に保つことが大切です。

『腎』を元気にする食べ物は、えびにら、豚肉、ひじき、枝豆、黒ゴマ、黒豆、くるみ…etc.
例えば、冷えが気になるオトナ女子には、くるみ、にら
ほてりが気になるオトナ女子には、黒ゴマ、黒豆。
えびはどちらにもおススメな食材です。

そして、女子力アップに欠かせない『血』と『潤い』も補いたいですね。
黒ゴマ、黒豆、は『血』を、豚肉は『血』も『潤い』も補います。

身体を冷やさないようにすることも大切です。
生ものに気を付けたり、氷入りの飲み物を控えるだけでも違います。


そしてそして、ワクワクやドキドキすることも大事なのではないかな?と個人的には思います。
切ないドラマを見たり、大好きな俳優さんを見たりしてる時の顔って、きっと笑顔のはず。

ちなみに、今日は私の大好きなマッチのお誕生日です‼
今日から始まった35周年ツアー、12月の武道館ライブに行くことを楽しみに、今年の後半がんばっています。

私のアンチエイジングには大切な存在です♪
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

こんにちは
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

台風がやって来た蒸し蒸しの先日のこと。
風寒の風邪を引き始めで食い止めることに成功しました!


その日朝起きたら肘がすごく痛くて。
ウチワの扇ぎすぎかなぁ?と本気で思っていたおバカな私。

息子から『目が変だよ』と言われて、『熱出たりして~』と冗談のつもりで。

窓から吹き込む風が寒くて、長袖カーディガンを羽織り、娘に怒られながら窓を閉めたりして。

それでも、講座の資料作りがたまっていたので、PCに向かい続けていたら、肘の痛みが背中から肩、首に広がってきて…
熱を計ると37度。
『もしかして風邪かも‼︎』と気づいた時にはすでに夕方。


そこから急いで対処を始めました。
まずはその日飲んでいた薬膳茶(クコの葉、ジャスミン、マイカイカ)に生姜(薬局で購入したもの)を加えて煎じ直して飲み…

夕飯のけんちん汁にフレッシュの生姜を千切りにして入れて、汁だけ飲み…

さらに、桂皮を煎じて作った紅茶を大きめのマグカップで飲み干して寝ると…

夜中に汗をかき、2回お着替え。
熱は平熱よりもずっと低く、35度台まで下がってました。

翌朝、熱は無いものの、まだ油断出来ない感じだったので、人参や牛黄入りの愛用ドリンクを飲み、前夜の残りのけんちん汁を具入りでしっかり食べてエネルギーチャージ。

お昼過ぎにはスッキリ良くなりました!


お薬に頼らず治せて、かなり嬉しい‼︎
タイミングも大事なので、何とか間に合って良かったです。


実は…風寒と風熱の違いが苦手だった私。
身を持って体験&実践できて、おかげで頭にしっかり入りました。


ちなみに、風熱の風邪は、喉の痛みや発熱、喉の渇きなどが起こります。
オススメの食材はミントや大根、菊花など、身体を冷ますもの。

風邪には生姜!と思いがちですが、風熱の風邪には不向きなので、見極めて使いましょう‼︎


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

こんばんは。
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

先日、所沢の“ままとこ✳︎らぼ”さんで、薬膳的な離乳食のお話しをさせていただきました。
7組のママと赤ちゃんがご参加くださいました。

赤ちゃん期は消化器官を大切に離乳食を進めてほしいこと、
夜泣きのタイプ、
抱っこで寝たのに置くと起きちゃうのはなぜ?…などなど。

私の子育てのお話しも交えながら、最後はみんなで一緒に薬膳レシピを考えてみました。

薬膳てこんな感じ…とイメージしていただけたかなぁと思います。

1時間の講座のあとは、いつもお世話になっている“かふぇうらら”さんの薬膳弁当と、私がお持ちした薬膳茶でランチタイム。

梅雨薬膳弁当、美味しくいただきました。


実は…いつもいつも『伝えるのって難しい』とばかり思っていたのですが、初めて『伝えるって楽しい!』と思えました。

今回の講座に向けて、友人たちがすごく応援してくれて、『大丈夫』って笑顔をお守りに頑張れました。

仲間や先生方、そして受講してくださる方々やお仕事をともにする方々。。。
私はたくさんの素敵な方々に囲まれて、本当に幸せ者だなぁ…としみじみ実感する毎日です。


さて、次回の講座は7月29日。
夏の肌トラブルのお話しをさせていただく予定です。
牛乳神話を信じて計らずも実験台となった2歳頃の娘、そしてその後、などなどをお話ししようと思ってます。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

こんばんは
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

今日は息子の大学交流戦。
5000m、1500m、800mに登録していましたが、本調子とはいえないため、5000mは回避したようです。
どちらのレースでも頻拍が出なかったらしく、タイムも思ったより良かったようで、まずは一安心。

グリコーゲンローディングするほどの距離ではないけれど(たぶん5000mは走らないと言われてた…)2レースあるからなぁ、と考えて用意した朝ごはん。

・甘塩鮭
・目玉焼き、プチトマト
・カボチャの煮物
・ワンタンスープ
・スコーン
・キウイ

ワンタンスープはひき肉を買ってしまいたい気持ちと戦いながらも、やっぱり小間切れ肉を購入。
たとえ赤身と書いてあってもやっぱりひき肉は脂が多いので、試合当日は使えません。

それにしても。
久しぶりなのだから、もう少し工夫すればよかったなぁ…とちょっぴり後悔。


夕飯の写真は撮り忘れたので備忘録。
・白身魚と野菜ののホイル焼き
・豆腐とエビのとろとろスープ
・ごぼうと鶏の佃煮
・温泉卵
・梅干し

最近ご飯作りを手抜きしがちな私、温泉卵の登場回数が多いです。
1品足りないとすぐに作ってしまう…これも反省せねば。
でもね、卵は半熟が1番消化に良いのです。

そして、これまた久しぶりにマッサージ。
以前のいやな硬さが無かったので、なかなか良い感じでした。

箱根駅伝予選会にむけて、今年も暑い夏が始まります。
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

こんにちは。
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

昨日は都内で登録販売者研修、1日中会議室に缶詰めでの研修でした。
年に2回行われる研修は100分講座なので、まるで大学生のようです。

さて、昨日のテーマは高血圧
日本では、30歳以上の男性で60%、女性で約45%の方が高血圧とされる値であり、通院理由のトップとなっているそうです。

血圧とは、心臓が押し出された血液が動脈血管壁を内側から押し出す力のことをいいます。

心臓は筋肉でできていますので、活発に動いていると発達します。
例えば、アスリートの場合、心排出量(心臓から1回の収縮で送り出される血液の量)が多くなります。
その代わり、静かに過ごすことが続けば、その分排出量は少なくなります。
例えば、手術後などの後は、少しずつ慣らしていく必要があります。

血圧に影響を与える要因としては、原因がはっきりしているものとしては腎臓病やホルモン異常があります。
他には、はっきりとした原因はわからない「本態性高血圧」といわれるものがあり、加齢、食生活、肥満、ストレス、喫煙などが関係しているといわれています。

ストレスなどによって自律神経系がうまく働かず、緩めようと思っても常に緊張した状態(交感神経優位)が続くと、血管壁に常に力がかかります。
血管壁に力がかかり続けると壁が傷つきやすくなります。
傷つけば白血球が集まって修復しますが、その度に血管壁は厚く硬くなっていきます。
そこへコレステロールなどの体のゴミがつくことによって、血管の内側から出ている血管を拡げる物質も分泌されにくくなります。
そして、さらに血圧が上昇しやすくなるのです。

ゆったりとした時間を持つことを心がけたり、自分なりのストレス発散法を見つけて、穏やかな時間を過ごすことも大切といえます。

血圧は生活習慣によっても違ってきます。
生活習慣の見直しで、改善されるかもしれません。

まず食事では…
・塩分を取りすぎない。
・カリウムの多い野菜や果物を積極的に食べる。
・飽和脂肪酸(肉の脂身、バター、パーム油、ヤシ油)を控え、n-3系脂肪酸(アマニ油、えごま油、しそ油、魚の脂)を積極的に摂る。
・アルコールを取りすぎない。

また、生活面では…
・毎日無理のない程度の運動を続ける。
・BMI「体重kg÷(身長m)²」を25未満にする。
・禁煙する。

血圧に不安を感じてる方はぜひ、無理のない項目から積極的に実践してみてくださいね。
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村