FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

私のパンドラの箱

こんにちは。
今藤さちよです。



寒いですね!
とっくに片づけてあったヒーターを、
引っ張り出してしまいました。

5月後半とは思えない寒さです。

それでも、
うぐいすがきれいな声で鳴いていて、
聞きながら、うっとりとしています。





***

先日、

今は生きづらさをほどくパンドラの箱が開き、
見ないふりをしていた想いが癒されるとき、
と書きました。





もちろん…

私のパンドラの箱も、
半強制的に開けられました(ノ_<)

鍵を持っていたのは、娘でした。



箱の中には、
とっくに手放した…というか、

持っているはずはない!と思っていた、
たくさんの思い込みが詰まっていました。



カンタンに書きますと…

恥ずかしながら、私、
まさかの毒親だったことに気づきまして、

ただいま、本を読んで勉強しております(笑)





闇のような思い込みを目の当たりにしたとき、
自分が自分ではないような驚きと苦しさで、

こころの中は大騒ぎ((((;゚Д゚)))))))
まさに緊急事態でしたが、


苦しさの後に残った希望で、

気づけた思い込みを少しずつ手放しながら、
癒されていくのを感じています。

(なんてことを書けるようにまで、
約2か月弱かかりましたが。苦笑)


***


以前、
ある成功者の方から、

子どもは、
お空の上でお母さんを決めて生まれてくると、
教えていただいたことがあります。



今回、
子どもって本当に、
お母さんを幸せにするために生まれてくるんだなぁ、
と身をもって知りました。





何かや誰かに、
怒りや悲しみが湧くときは、
(特に、同じような事が繰り返されるときは)

こころの中にいる“小さな存在”が、
ずっと握りしめている思い込みのせい
かもしれません。



その“小さな存在”の声なき声に、
気づいてくれるのが子どもたちだと思うのです。



特に、

娘ならなおさら、
お母さんの思い込みを力づくで外しにかかる…o(`ω´ )o


娘の存在って、
恐るべし、です。




もしも、
何か苦しいことがあるのなら、

お子さんに(特に娘さんに!)

ぜひ、
こころに風穴を開けてもらってみてください。


荒療治ですが(笑)
オススメです。



木曜日、
大丈夫だから安心してね。


あなたのやわらかな光が、
大切な人へと広がりますように。


今日も読んでくださり、
ありがとうございます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです
皆さまの1日1回のクリックがランキングポイントとなります
☆応援ありがとうございます☆

* Category : 日々のこと

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する