FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

花粉症歴35年のいま

こんにちは。
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。
ご訪問ありがとうございます!


さて、スギの花粉症も終盤になってきたようです。
その後ヒノキがやってくるようですが。

私はまだ世の中に『花粉症』なんてなかった頃、
小3の頃には“スギ花粉のアレルギー”と診断されていました。
なので、花粉症歴35年ほどになります。

高校生の時の頃は
春の暖かさに教室の窓を全開されるのが辛くて、
子どもたちが小さい頃は、公園通いがしんどかった。
1日許容範囲以上の鼻炎薬を飲みながら、
それでも治らないアレルギー症状と口の渇き、
マスクでティッシュの鼻栓を隠しながら、
大好きな沈丁花の香りの季節を過ごしたものです。

そんな私ですが、薬膳を勉強した頃から少しずつ変化し始め、
5年目となる今年の春は、マスク無しで外出できるようになりました!


花粉症の根本的な解消のポイントはいくつかあります。

まず大事な養生は夏の過ごし方。
薬膳を勉強するようになってから、
夏も冷たい飲み物など摂らなくなりました。
冷たい物はたまにだけ。
飲み物に氷は入れませんでした。

もうひとつは、お風呂の時間。
お風呂の時間はいろんなオススメの説がありますね。
私は中医学の考え方から、なるべく早めの時間、
家に居られる時は、なるべく夕食前に入浴するよう心がけています。

それから、食養生としては、
長芋とキノコを毎日食べるようにしていました。

気をつけて続けたことと言えば、この3点くらい。


正直、今年は静かに過ごすべき冬に新しいことを始めたり、
慣れない講座で声を張ることも多く、
身体のバリアに欠かせない肺の気を使い過ぎていたので、
花粉症の症状が悪化するかも…と不安でした。

が、例年よりずっと楽♪
やっぱり通年通しての養生がいかに大切か、
身を持って実感しているところです。


ちなみに、
毎年夏には部活で、Tシャツがカビるほどの汗をかいていた娘は、
部活引退してゆるゆる過ごした昨年の夏を経て、
6年ぶりに若干の鼻水を出しています。


花粉症の養生は、春以外の過ごし方がポイントです。


☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです
皆さまの1日1回のクリックがランキングポイントとなります
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
☆応援ありがとうございます☆

* Category : 日々のこと

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する