FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

試合の日の晩ごはん

こんにちは
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

予選会から一夜明けて、我が家のアスリートくんは両足裏の血豆処理をしておりました。
今朝は、『ハンパない筋肉痛だけ』で、体調などは良好とのこと。
午前練習&ミーティングへ出かけていきました。

翌日に疲労を持ち越さないためには、試合後のケアがすごく大切です。
まずは入浴。
シャワーだけで済ませずに、疲れ過ぎない程度に湯船に浸かりましょう。
できれば全身のマッサージもしておきたいです。
睡眠も大切です。
スマホやテレビはほどほどに、ゆっくり眠れる環境作りを心がけたいですね。

そして、食事。
使い果たしたエネルギー(気)の補給と筋肉の補修を考えて、炭水化物やタンパク質が摂れる消化の良いメニューにしましょう。
この消化の良い食事というのがとても大事。
例えば、昨日の予選会では20キロを走りました。
時間にすると、1位の村上選手で58分、ほとんどの選手は1時間以上走る=1時間以上内臓が揺られている、ということになります。
見える筋肉だけでなく、見えない内臓も疲れている訳です。
そこへ、焼肉や揚げ物などを入れたら、ちょっと可哀想ですよね。

我が家ではお鍋にしました。

タラや鶏肉、豆腐などのタンパク質、うどん、ワンタンなどの炭水化物、さらに白菜、ニラ、長ネギ、キノコなどの野菜類を入れたお鍋です。

また、激しいスポーツなどによるストレスのあとは肝臓がダメージを受けているので、肝臓の機能を整えるために菊花やクコを入れました。

試合後のケアで、新たな目標に向かって頑張れる身体作りをしていきましょう。

☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです
皆さまの1日1回のクリックがランキングポイントとなります
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
☆応援ありがとうございます☆

* Category : アスリート薬膳メニュー

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する