FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

疲れバイバイ! ハンバーグストロガノフ

こんにちは。
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

私の住む神奈川県は、寒さが少し和らいでいます。
昨日の祝日も娘は部活。
カラダの疲れはその日のうちにサヨナラしておきます。

スポーツをがんばった後は、エネルギーや元気(気)、栄養(血)、水分や潤い(水)を消耗しています。
これらをその日のうちに補うことで、翌日に疲れが残らずにいられます。
栄養学的にも糖質、たんぱく質、それを吸収するためのクエン酸をすばやく摂ることが理想です。

大好きなハンバーグにいっぱい愛情(食材)をこねこね…

ハンバーグストロガノフ
写真 2 (1)

材料:豚小間、牛肉切落とし、玉ねぎ、ニンジン、黒きくらげ、
パン粉、牛乳、卵、しょうゆ、
ビーフストロガノフのルー、マッシュルーム

作り方
①黒きくらげは水で戻し、パン粉は牛乳に浸しておく。
②マッシュルーム以外の材料をフードプロセッサーにかける。
③②を適当な大きさに丸めて、フライパンで両面を焼く。
④黒きくらげの戻し汁、水を③に加え沸騰したらルーとマッシュルームを入れて煮こむ。
⑤雑穀米とリーフレタス、④を皿に盛って出来上がり。

では食材のチカラをみてみましょう。
豚肉…元気(気)と栄養(血)を補う。潤いを補う。精をつける。
牛肉…元気(気)と栄養(血)を補い、栄養(血)を巡らせる。消化にいい。
玉ねぎ…胃にいい。余分な湿気を出す。気分を巡らす。
ニンジン…消化にいい。栄養(血)と潤いを補う。
黒きくらげ…栄養(血)と潤いを補う。鉄分豊富。精をつける。
マッシュルーム…余分な湿気を出す。精をつける。

さらに、簡単なオニオンスープも一緒に。

簡単オニオンスープ
写真 1 (1)

材料:玉ねぎ、フライドオニオン、パセリ、コンソメスープの素、陳皮

作り方
①玉ねぎ、陳皮をたっぷりの水でコトコト煮込む。
②コンソメ、塩コショウで味をととのえる。
③②を器によそい、フライドオニオン、パセリをふって完成。

パセリ…栄養(血)を補い、巡らせる。気分を巡らせる。
陳皮…気分を巡らせる。消化にいい。クエン酸。

陳皮(ちんぴ)とはミカンの皮を乾燥させたもので、漢方薬にも使われています。
ちょっぴりウツウツなとき、リフレッシュできるスープです。

またまた一皿料理で、手抜きのようですが…笑
作る方も食べる方も楽ちんな一皿料理。
盛りつけ方を工夫するのも楽しいですよ。



☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです
皆さまの1日1回のクリックがランキングポイントとなります
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
☆応援ありがとうございます☆

* Category : アスリート薬膳メニュー

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する