FC2ブログ

こんにちは。
和み薬膳の今藤さちよです。

ご訪問ありがとうございます。


3月になり、
暖かくなってきましたね。
さらにのびのびと過ごしていきましょう。


さて、
先月の戸塚カルチャーでは、
3名の体験者さまがいらしてくださりました。

お一人は男性で、
この方、すごくセンスのあるご質問が多くて驚きました。
そして、
お一人はすぐに入会してくださった女性の方、
最後まで残ってご質問してくださり、可愛らしい方でした。

そして、
お一人はジュニアアスリートくんのママでした。
ご質問をいただいたので、講座の後少しお話しするお時間をいただきました。

私がアスリート薬膳を伝えたい、
まさに「10年前の私」(笑)のような方でした。



中高生は伸び盛り、
でも、
すごく個人差が出る時期でもあります。

コーチや顧問の先生は、
「たくさん食べろ」とおっしゃいますが、
消化力も個人差があるのです。

我が家の子どもたちも、
合宿になると、
残さず食べるというトレーニング(笑)を課されておりました。

幸い、子どもたちは二人とも、
他のお子さんの分まで食べてあげるくらいの食欲の持ち主でしたが、
食べられないお子さんにとっては、
何よりきついトレーニングかもしれません。


食べるということは、
かなり力を使うことです。
小さければ小さいほど、
それは本当に体を作るためのトレーニングなのです。

もし、疲れて食べられない、という状態ならば、
消化に負担がかからない量や調理法、
そして回数を心がけてみてください。


ひとりひとりを大事にする、
薬膳の考え方は、
ジュニアアスリートにこそオススメです。


これからも、
ジュニアアスリートくんのママたちと、
ご縁が繋がれば本当に嬉しいです。






にほんブログ村

薬膳コンシェルジュ本科の講義

開運薬膳カウンセリング

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)