FC2ブログ

おはようございます。
和み薬膳の今藤さちよです。

今日もご訪問ありがとうございます!


先週末、
秋田へ行っておりました。
あちらはまだまだ肌寒く感じましたが、
ヨモギやふきのとうが春を知らせていました。



さて、新年度が始まりましたね。
年度末からの忙しさや
新年度の慣れない生活で、
ストレスを感じている方も多いと思います。

日頃からストレスの多い方はもちろん、
春は、目や筋(すじ)にトラブルが起こりやすい時期です。


証券マンの息子も、
春分の頃、そして今日も、
目の奥の痛みと頭痛を訴えていました。

そんな時には薬膳茶↓

クコの実&菊花のブレンド茶。

このお茶は、
目が所属するグループのリーダー「肝」にも、
しっかりと働きかけてくれます。


例えば、
目の疲労や足のつりなどのトラブルが起こると、
その、“見える症状”を何とかしようと考えがちです。
症状緩和や鎮痛ための薬を使ったり。

でも実は、
その、“見える症状”は、
グループリーダーのSOSかもしれません。


目や筋(すじ)のグループリーダーは、「肝」

肝は、
ストレスを受け止めてくれる臓器であり、
そして、
春に影響を受けやすい臓器でもあります。

口をどんなに大きく開けても、
臓器の弱りは見えません。
だから代わりに、目や筋に“見える症状”を起こして、
「アンタさん、働きすぎでっせ~」
と、知らせてくれているのです。

身体って、優秀!(笑)


リーダーである肝を滋養することが、
目や筋の滋養に繋がります。

クコの実や赤身肉、
アサリなどの貝類もオススメ。
(ちなみに、
今日のカルチャーはアサリのお話です)


あ、
しつこいようですが、
「寝ること」が何よりも効果的。


もしかしたら、いつも体のどこかに力が入ってしまっていたりしませんか?
フーッと息を吐いて、
ゆっくりと呼吸して、
ゆるゆるゆる~っと心を緩めてくださいね。


よろしければこちらの記事もどうぞ↓
『心身ともに緩めていますか?』
『心身を緩めるためのポイント』




にほんブログ村

講座の後の薬膳茶

大切かどうか、を優先してみる

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)