FC2ブログ

おはようございます。
和み薬膳の今藤さちよです。

今日もご訪問ありがとうございます!

昨日の夏天気とは一転、
どんよりと肌寒い朝です。

風邪(ふうじゃ)に侵入されないよう、
首元暖かくして過ごしましょう。


さて、
私がさせていただいている薬膳講座は、
1時間半から3時間半と、時間は様々ですが、
毎回ほとんど喋りっぱなしです(笑)

昨年5月に声帯炎を患ってから、
講座の後だけでなく、
お友だちとのランチ会で喋りすぎた後にも、
喉に違和感を感じることが増えました。

そこで、
講座の後は薬膳茶が必需品↓

喉を潤す白キクラゲ、ユリ根、
潤いチャージのクコの実、
そして、
消化を助けてくれる陳皮が入っています。

声のリーダーは肺。
声の力は、肺の気の力です。

ちなみに、
これらの4つの食材は、
肺に働きかけてくれる力を持っています。


土鍋で煎じて、
量が減ったら水を注ぎ足しながら、
2日くらいかけて飲んでいます。

最後は白キクラゲがトロトロで美味しそうになるのですが、
いただくのはエキスだけ
エキスを出し切ったら食材は捨ててしまいます。

もちろん、
胃腸が元気な方は召し上がっても美味しいと思いますが、
とにかく消化吸収力が弱い私は、
そのあたり、徹底しております(笑)

この薬膳茶を飲むようにしてからは、
講座の翌日、夜あたりにはすっかり元に戻るようになりました。


おしゃべりやカラオケ好きな方、
喉の乾燥が気になる時にもオススメな薬膳茶です。

白キクラゲは中華街やウェブで購入できます。
乾物で日持ちがするので、買い置きしておくと便利ですよ。




にほんブログ村

食べるなら昼間です

見える症状はリーダーからのSOS

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)