FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

「気持ちの問題」問題~セカンドオピニオン

おはようございます。
和み薬膳の今藤さちよです。



朝方、
雨が降っていましたが…

晴れてきた?かな?



さて、
なんだかシリーズ化している(笑)

「気持ちの問題」問題


もしよろしければ、

①「~息子の心臓」はこちら→☆☆☆
②「~判断ミス」はこちら→☆☆☆

から、
ご覧くださいm(__)m




高2の県大会、
大失速の後、

記録は伸び悩みました。


心臓の不安はずっとあり、

年に一度の定期検診以外にも、
数回診察は受けましたが、

その都度、
「問題なし」でした。



結局、
心臓の心配はありながらも、

これから陸上長距離(大学駅伝)に、
力を入れようとしていた大学へ、

スポーツ指定校推薦で進学。



大学一年生の時は、
箱根駅伝予選会に出場したり、
記録会や国立競技場でのレースなど、

様々にこなす一方で、

どうしても、
ラスト300mのスパートが、
かけられずにいました。



そして、
大学二年の6月、

大きな大会ではないものの、
強豪校の選手と一緒に走る機会があり、

そこで事件は起こりました。(また、事件って。笑)


高2の県大会、
ラスト300mの時と同じ状態になったのだそうです。


初めてその状態を見たコーチ陣が、
「これは心臓のせいかもしれない」
と判断。

病院で詳しく検査するよう、
その日のうちに家に帰されました。
(当時息子は大学近くに住んでいました)



ここで初めて、
何度通っても「問題なし」の大学病院ではなく、
他の病院を探し、

ちょうどその年の5月に出来たばかりの、
他の大学病院にある、
スポーツ専門の循環器内科へ、

セカンドオピニオンをしました。



そこで、

・「問題なし」は「頻脈が捕まえられない」だけ。
・競技中の心拍は通常とは違うため、検査だけではその状態を作るのが難しい。
・問診から、競技中だけの心拍異常の可能性がある。

などのご説明とともに、


通常、
一般の方ならば勧める状態には無いけれど、
それでもあえて、


心臓カテーテル検査を受けてみてはどうか、

との、
見解をいただきました。



やっと分かってもらえた、という思いと、
もしかしたら、
もっと勝負ができるようになるかもしれない、
という思いで、

息子はあの時が、
一番晴れやかな時期だったように思います。



そして、
当時、
心臓カテーテルでは第一人者の先生がいらっしゃった病院をご紹介いただき、

8月に、
カテーテルアブレーション(カテーテル心筋焼灼術)を受けることになりました。



・・・

あらら、

なんだか、
長くなりすぎておりまして、恐縮です…


よろしければまた明日、

お付き合いいただけたら、
嬉しいです(*^^*)




月曜日、
軽やかにまいりましょ。


あなたのやわらかな光が、
大切な人へと広がりますように。



今日も読んでくださり、
ありがとうございます。




* Category : 息子のこと、身体のこと

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する