FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

「気持ちの問題」問題~アスリートのママたちへ

おはようございます。
和み薬膳の今藤さちよです。



ひんやりした曇り空、


夕飯用の、
野菜スープを仕込んでいるので、

部屋の中は暖かです(*^^*)



さて、
シリーズ化して恐縮ですm(__)m

「気持ちの問題」問題


もしよろしければ、

①「~息子の心臓」はこちら→☆☆☆
②「~判断ミス」はこちら→☆☆☆
③「~セカンドオピニオン」はこちら→☆☆☆

の続きです。




セカンドオピニオンを経て、

息子は大学2年生の夏、
カテーテルアブレーションを受けました。


***
カテーテルアブレーションとは、

静脈に数本のカテーテル(検査のためのコード)を入れ、
不整脈等の発生場所を診断、

さらに、
不整脈等が明らかになった場合は、

電流により、
その局所を焼くことによって、
治すことができる、

というものです。

***


それにより、

息子は、
WPW症候群だけではなく、

心房頻拍も持っていることが分かりました。



心房頻拍とは、
電気の経路ではなく、

勝手に、
独自で電気を放ってしまうもので、


競技中、
スパートをかけるなどにより、
一定の心拍を超えた時に、

頻拍症を起こすことで、
走れなくなるのだろう、

ということでした。



予定では、

局所麻酔で1時間のはずが、
全身麻酔に切り替わり、3時間、

それでも、
起源箇所を焼くことはできませんでした。



その後、

10月の箱根駅伝予選会では、
当日エントリー変更で、

なんとか完走しましたが、


2月にもう一度、
強豪校の選手と走る機会があり、

どんなに頑張って練習しても競えないんだ、と、
ここで本当に、


「気持ちが切れた」ようでした。


スポーツでの入学だったので、
退部はしなかったけれど、

3、4年生では予選会を走らず、

雨の中の記録会(よろしければこちらです☆☆☆)で、
陸上長距離生活を終えました。


ただいま、
陸上競技を辞めて2年経ちますが、
心房頻拍はおとなしく、

今春の健康診断では、
心電図の異常もありません。





ジュニアアスリートのお母さま方へ。


スポーツは、

気合いだ!気持ちだ!

に、
なりやすくて、


だから、
上手くいかない時に、


「気持ちの問題」

に、
してしまいやすいと思います。



だけど、

スポーツだからこそのトラブルを、
(例えば、スポーツ貧血など)

見逃さないためにも、



・気持ちの問題だけで片付けない
・健康診断は全て受ける
(当時、心電図検査は任意検査でした)
・不安な時はアスリート専門外来へ
・辞めるのも勇気です


と…


判断ミスや遅さなど、
恥ずかしながら、

それでも、

我が家の経験が、
もしも必要な方へ届けば嬉しいm(__)m



そんな思いで、
ずっとずっと書きたかったこと…


これで、おしまい(*^^*)



皆さまの想いが、

大切な人の、
ベストパフォーマンスに繋がりますように。




火曜日、
アクセルは少しずつ♡


あなたのやわらかな光が、
大切な人へと広がりますように。



今日も読んでくださり、
本当にありがとうございます。




☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです
皆さまの1日1回のクリックがランキングポイントとなります
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
☆応援ありがとうございます☆

* Category : 息子のこと、身体のこと

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する