FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

薬膳的水分補給と熱中症対策

こんにちは
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

毎日暑すぎる日が続いています…みなさま、夏バテなどされていませんか?

薬膳では、冷たいもの、甘いもの、生ものは消化器官を冷やし、辛いもの、脂っこいものは消化器官に負担をかけるとされています。

いかがでしょう?
冷たいものばかり召し上がっていないでしょうか?

私たちが食べたものは、消化器官で身体に必要なもの(例えばエネルギー、血や潤い)に変えられて、必要な場所へと運ばれていきます。
ですが、消化器官冷えて弱ってしまうと、食べたものを消化吸収することができなくなります。

薬膳的に冷たいもの、甘いもの、生ものは消化器官を冷やし、辛いものなどの刺激物は消化器官に負担をかけ、弱らせるとされています。

消化吸収できなかった食べ物は、身体に不必要な湿気となり、身体の中で不具合を起こします。
そこから、夏バテなどの不調を起こしてしまうのです。


暑いときの養生としては、身体の中にこもった熱を冷ます食材水分を補う食材を摂ることを心がけると良いですね。

身体の中にこもった熱を冷ます食材は、主に夏野菜。
緑豆、冬瓜、トマト、きゅうり、なす、ゴーヤ、海藻類、豆腐、スイカ、緑茶など。

水分を補う食材は、やはり夏野菜の代表、トマトやきゅうり
他には、冬瓜、オクラ、ズッキーニ、豆腐、白きくらげ、れんこんなど。

また、暑いだけでなく、ムシムシの暑さには、身体のなかに溜まった湿気を追い出す食材も摂りたいところ。
はと麦、小豆、緑豆、冬瓜、とうもろこし、なす、スイカ、海藻類など。

そして、体内の除湿をしつつ、夏に弱りがちな心臓を養ってくれるアサリもおススメです。

これらの食材を、温かいスープなどの調理法で食べることによって、暑さ対策と水分補給ができます。

冷たいものに手を伸ばしてしまいそうな暑さですが、1日3食のうち、1食心がけるだけでも養生になると思います。
氷入り飲み物のがぶ飲みは控えて、まだまだ続く夏を元気に過ごしましょう!

☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです
皆さまの1日1回のクリックがランキングポイントとなります
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
☆応援ありがとうございます☆

* Category : 未分類

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する