生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪ ママをやめたかった頃は…
FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

ママをやめたかった頃は…

こんばんは。
今藤さちよです。



風がちょっと強かったけれど、
とっても暖かな1日でした。


洗濯物が
取り込んでから少し経っても、
ぽかぽかしてました♪




***

昨日、
テレビを見ていたら、

「ママをやめてもいいですか?」

という映画について、特集してました。


今、
オンライン上映がされているようですので、
気になる方はこちらからどうぞ→





私も、
ママをやめたいと思ったこと、
何度もありました(ノ_<)


息子は赤ちゃんの頃から、
まとわりつく子で(笑)

娘は生まれてすぐは楽チンな子だったのに、
忘れた頃に手がかかりだして、
(しかも忘れた頃…
今22歳にして反抗期かもです。笑)


主人の帰りはいつも真夜中、

公園デビューも、
少年野球のサポートも、
何もかもが必死で、

いつもいつも何かと戦っているようでした。




いわゆる子育て期の30代は、
私にとって暗黒の時代で、

今までの人生で一番、
自分のことが嫌いでしたね…(…遠い目)




今にして思えば、
私の中の女性性が乾き切って、
逆に、男性性が強すぎていて、


なんていうか・・・


オス化


してたと思います( /ω)



***


男性も女性も自分の中に、
女性性と男性性の両方を持っています。


それこそまさに



守り
攻め


だから例えば、

ママが子どもを守ろうとする、
そのために、
何かと戦っているような気がするなら、

ママの中の、
女性性と男性性のバランスが崩れている可能性大です。





そして、

これは私の持論ですが、
(なので、ピンとこなければ採用せずスルーしてくださいね)

たぶん…

母性って、
女性性(陰)男性性(陽)の調和、
と思うのです。



だからもし、

誰も頼れなかったり、
誰かを(自分を)責めてしまったり、
一人で戦っているような気がしたり、

そんなときは、
女性性(陰)を癒し、満たしてみてください。



子どもと一緒にお昼寝したり、
消化に優しいものを食べたり、

紅茶にドライフルーツをたくさん入れて、
ゆっくりと味わって飲むのもいいですね。



そんな時間なんて無い…(ノ_<)
と感じてるならなおさら、

いつも消えてしまう「10分」を、
自分のために作りだしましょう。



犠牲感のない本当の母性への一歩、
一緒に、穏やかな女性性を復活させましょうね(*´∀`人 ♪



木曜日、
引きこもっていても、毎日があっという間です♡


あなたのやわらかな光が、
大切な人へと広がりますように。


今日も読んでくださり、
ありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです
皆さまの1日1回のクリックがランキングポイントとなります
☆応援ありがとうございます☆

* Category : 陰と陽

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する