生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪ のろいをかけていませんか?
FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

のろいをかけていませんか?

おはようございます。
今藤さちよです。


雨の朝、
空気がとてもしっとりしています。

“おはようございます”

って久しぶりに書くなぁ…




***

子どものこと、
大切な人のこと、

心配になっていませんか?



離れていても、
そばにいても、

心配している…


信じてるつもりでいて、
大丈夫と思っているつもりでいて、

心配なんてしていないつもりでいるのに、

自分でも気づかないうちに、
それが「心配」だったりします。




それでなくても今は心配な世の中だから、


「○○しといたほうがいいんじゃない?」
「○○しないほうがいいかもね?」

ちょっと声をかけておきたくもなります。




それなりに長く生きてきて、
それなりに経験を積んできて、

お母さんから見たら、
どんなに成長しても子どもは何となく危なっかしくて、

良かれと思って、
アドバイスする…頼まれてもいないのに(笑)



そう、
経験をすることの大切さも重々分かっているはずで、
その子の強さも分かってるはずなんですよね。


本当に大丈夫って信じているはずだし、

なにより自分が一番、
親からそんなふうに心配されることを嫌だったはずなんです。


***


○○なるかもしれない、

そんなふうに、
私たちの中の男性性は道の先を照らして、

いつもいつも危険回避してくれていました。


私たちの中の女性性を守るために、
傷つかないために、

寒い日も雨の日も、
初めての経験の前も、
何かに失敗した時も、

危険回避をしてくれた…


そして月日が積み重なっていくうちに、
それは行き過ぎた安全確認になり、


「そんなことをしたら危なかったでしょ?」
「そんなことはしないほうがよかったでしょ?」


そんなふうに、
過去体験から作り出された「思い込み」を証拠として突き付けられながら、

おかげで私たちは、
傷つかず、
無事に生きてきたのかもしれないけれど、



なんだかね、


これって、
自分の中の“ナイト”がかけた、心配という名の、

「のろい」

って思うんです。



**

もしも、
子どもや大切な人が心配で仕方ないのなら、
それで、
何かを伝えたくなるのなら、


男性性女性性がかけられている
「のろい」のせいかもしれません。



目の前のことを、
大丈夫って受け容れる

って、女性性の担当だからね。



かけられた「のろい」を解くには、
まず、気づくこと。

合図は「モヤモヤ」です。



どうしてわかってくれないんだろう、とか、
こうしたほうがいいと思うんだけどなぁ、とか、

言葉にして伝えられずに、
モンモンとしてるときも同じです。



どうですか?

自分が傷つかないために、
大切な人に「のろい」をかけていませんか?


私自身が巧妙な「のろい」に気が付いたので、
シェアしてみました。


ではでは今日も、
素敵な休日をお過ごしくださいね♡



あなたのやわらかな光が、
あなたのこころを温めていますように。



今日もお読みくださり、
ありがとうございます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです
皆さまの1日1回のクリックがランキングポイントとなります
☆応援ありがとうございます☆

* Category : 陰と陽

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する