生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪ 女の子はお姫さま
FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

女の子はお姫さま

こんにちは。
今藤さちよです。



今日はこれから、
久しぶりの中医学お勉強会。
3か月ぶりです。

オンラインで受講できて、
とってもありがたいです。







さて、
今日は昨日の記事の続きです。

(昨日の記事はコチラです
「男の子はヒーロー」




息子と娘、
その違いを私はよく、

「男の子は恋人のように、
女の子は親友のように…」

と言っていました。




ただただかわいい息子、
と違って、

娘に対してはいつも、
「自分」が奥底に存在していたように思います。



自分と違えば、
「面白いなぁ」と思ったり、
「大丈夫かなぁ」と心配したり、

自分と同じなら、
「やっぱりねぇ」と思ったり、
「大丈夫かなぁ」と心配したり、(笑)



同じも違いも、
尊重していて、
尊重してほしくて、

そのつもりでいながら、



合わせ鏡のように、
でもそれさえ意識していないように、

手に取るように分かりそうで、
全く分からない…(笑)







どうやら、
女の子は、
お母さんの自分自神を映すためにやってくるようです。



自分と同じ部分も違う部分も、

「良い」と思っている部分も、
「悪い」と思っている部分も、

私たちの中にある全てを、
自分で自分を「愛する」ことができるように、

女の子は生まれてきてくれます。





女性は愛される存在。
生まれながらの「姫さま」なのです。





それがいつしか、
この世界で頑張って生きているうちに、
女性性が枯れてきて、
自分を否定して、
生きづらくなって…(ノ_<)




だから女の子は、

自分が「姫さま」なことを、
愛される存在であることを思い出させてくれるために、

自分を「愛したい」お母さんの所へ、
お空からやってきてくれたのかもしれません。




ということは、

娘に対してモヤッと感じることは、
自分の中にある「モヤッとボール」(←ってありましたよね?)を見つける、
チャンスってことですね。


意見をぶつける前に、

あれ?
どうしてそう感じるのかな?

って内観してみると、
生きづらさ脱出のきっかけになるかもしれません。



そして、
生きづらさのおおもとである、
「毒」消しにつながるように思います。
(過去記事→「愛が毒になる時」



愛が毒になっているのだから、
毒を愛に戻せばいいだけ♡


子どもは、
私たちの中にもともとある、
「愛」を思い出させてくれるために生まれてくるのですね。




ではでは、
今日もステキな一日をお過ごしください♡



金曜日、
深呼吸しましょ♪


あなたのやわらかな光が、
大切な人へと広がりますように。


今日も読んでくださり、
ありがとうございます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです
皆さまの1日1回のクリックがランキングポイントとなります
☆応援ありがとうございます☆

* Category : 女神メソッド

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する