生き方の道しるべ~陰陽五行な暮らし方♪ 差し伸べられた手を「ありがとう」と受け取ることは…
fc2ブログ

生き方の道しるべ~陰陽五行な暮らし方♪

自分らしい、心地よい暮らしの見つけ方

差し伸べられた手を「ありがとう」と受け取ることは…

こんにちは。



重なり合っていた雲が、
どんどん離れていき、

合間から青空が広がっていく、

雲に光が柔らかく当たる、
幻想的な空、


きれいですね。




久しぶりに、
家でひとりで過ごす時間、

掃除機をかけて、
雑巾がけをして、

なんとなく、
どんよりしていた空気がシャンとしました。





私が、
「はじめての北海道ひとり旅」だったあいだ、

主人は「はじめてのひとりお留守番」でした。


帰ってきたら、
洗濯したよ~
こんなもの食べたよ~
といろいろと報告してくれました。


私が帰宅した日は、
お天気が良くて、
掛け布団も干してくれたようで、

ベッドに入った瞬間、
おひさまの気をふくんで気持ち良く、

「もしかして干してくれたの?」と気づくと、
たいへんご満悦でした(笑)

(彼がお布団を干すなんて、結婚して27年、初めてだと思います…)




私が、
はじめての旅の前にドキドキしていた以上に、

主人は、
はじめてのお留守番にワクワクしていて、


お酒を買い込んだり、
おつまみをお取り寄せしたり、

本当に楽しそうに準備をしていて、


よく、
「自分が好きなことをすると、
周りも幸せにする」と聞いていたことは本当なのね…

と実感しました。




そして、
思うよりずっと、

自分が好きなことをする、ということに、
周りの人は寛大です…


だって、考えてみれば、
自分だって大切な人が願うことは、叶えてほしいと思いますよね?


自分が大切な人にしてあげたいことは、
大切な人は自分に、してあげたいと思ってくれているものなのです。




ただね…



例えば、

学びたい、と言ってみて、
行きたい、と言ってみて、

どうぞ、と言ってもらえた時、


「あ、でも、そんなわけにはいかないよな」
と、

差し伸べられた手を受け取れない(受け取らない)のは、
他の誰でもない、自分なのですよね。

(今回、私は最初、受け取れなかったんです。苦笑)



ダメだと言われているわけでもないのに、

なんなら、
「いいよ」って、
「ぜひぜひ」って言ってもらえているのに、

いや、でも、そんなわけにはいかない…と、
早々に辞退してしまう…





こうしたい、と気持ちを言葉にすること、
それ以上に、

そのもう一歩先の、
「差し伸べられた手を“ありがとう”と受け取ること」は、
とても勇気がいることです。


特に、
大切な人のために自分を後回しにするクセがある人にとっては、
かなりの難関だとおもう…(汗)





「差し伸べられた手を“ありがとう”と受け取ること」は、
差し伸べてくれた相手の“愛”を受け取ることです。

自分は愛されているのだと、信じることです。



大切な人のために自分を後回しにするクセのある人にとっては、
愛することよりも、
愛されることのほうがハードルが高いのですよね…



でも、もうそろそろ、
そのハードル、超えましょう!!


怖くても、信じて大丈夫。

あなたが愛している人は、
あなたを愛してくれている人だから。



月曜日、
ゆるっとスタート♪


あなたのやわらかな光が、
大切な人へと広がりますように。



今日も読んでくださり、
ありがとうございます。

* Category : 心のこと

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する