生き方の道しるべ~陰陽五行な暮らし方♪ 身体とこころの不調和が引き起こしているもの
fc2ブログ

生き方の道しるべ~陰陽五行な暮らし方♪

自分らしい、心地よい暮らしの見つけ方

身体とこころの不調和が引き起こしているもの

こんにちは。



珍しく夕方にお散歩へ。


しっかりと歩いていると、
まだまだ汗ばんできて、

気持ち良かったです。





街は、
時間によっていろいろな顔になりますね。


自転車にお子さんたちを乗せて走るママ、
中学生くらいのお子さんと一緒に歩くママ、

そんなママたちの姿を見ながら、
子どもたちと過ごした時間を懐かしく思い出しました。


もう、なんだかずっと前のような気がします…



子育ては楽しかったけれど、
それ以上に反省や後悔もたくさんあります。

その視点で思い出すと、
申し訳なかったなぁ、ダメな母親だったなぁ、と、
今でも感じてしまいますが、


子どもたちと過ごせた時間で、
私が育ててもらったこと、

ただただ感謝でいっぱいです。






子どもを育てるってすごいことですね。


自分よりも大切な存在で、
思い通りにいかない存在で、

平気で、
自分一人で育ったような顔をして、
反抗してくる存在で、

でも、
無条件にしてくれる存在で、
されてると信じてくれる存在で…



子どもって、
他の何にも例えられない、絶大な存在です。



だからこそ、
自分自身と向き合うきっかけをくれるし、
成長させてもくれるのかもしれません。



子どもがいると、
どうしても子ども優先になりやすくて、

知らず知らずのうちに、
ママは、自分を後回しにしがちです。


そして、
それが母親の美学だと思いがち…
(昔ほどではないかもですが、
それでもまだまだ、あると思います。)


自分自身も、
周りの目も、

ママだから、ママなのに、って、
理想を追いかけ、そこからズレた自分を責める…



私はその気持ちがとても強くて、
息子を妊娠した時、

これで私のための人生は終わり、って、
本気で思っていたのですよね(苦笑)


母親ってそういうものだと疑いもなく、思い込んでいました。



でも、24歳で人生終わりと諦められるはずもなく…

母親として生きなければ、という部分と、
自分らしく生きたい、という部分のはざまで、

30代半ばくらいまでは、
ものすごく、しんどかったのを憶えています。


30代後半のころ、
なんでこんなにつらいのだろう?
何か考え方がおかしいのかも?
と気がつき、

そこから、
思考を変える、ということを試行錯誤しながら、

さらに薬膳と出会ったりして、
今にいたります…







しんどさは、
どんな状況か、というのは関係なく、

どんな思い込みがあるか、ですね。



周りの状況が起こしていることではなくて、
自分の思い込み、思考が引き起こしています。



そしてそれは性格、というよりも、

身体とこころの不調和が引き起こしている、
「症状」みたいなものなのです。



例えば、

人の目が気になる、
心配や不安が尽きない、

というのは、
血が足りないからかもしれないし、
(中医学では「血」は栄養分も含みます)


考えても仕方ないことをクヨクヨと、
考え続けてしまう、
思い込みが強い、

というのは、
消化力が弱いからかもしれません。





だから、
こんな自分の性格がいけない、なんて、
責めなくて大丈夫。

身体をいたわり整えれば、
こころをしんどさから解放できます。



身体が喜ぶ食べ方を、
毎日コツコツと続けていきたいですね。

DSC_0672.jpg
↑帯広のガーデンにて♡


火曜日、
お風呂で温まりましょ♪



あなたのやわらかな光が、
大切な人へと広がりますように。


今日も読んでくださり、
ありがとうございます。

* Category : 心のこと

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する