生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪ 親子丼サラダ風&薬膳ホワイトシチュー♪
FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

親子丼サラダ風&薬膳ホワイトシチュー♪

こんにちは
アスリート薬膳プランナーの今藤さちよです。

朝、いってらっしゃいと家族を送り出した時の後ろ姿が少し疲れている週末。
元気な笑顔になってくれるご飯で『おかえり』って迎えたいですね。

連日の部活で少しお疲れモードの娘に、昨夜は親子丼サラダ風と薬膳シチューを作りました。
写真 2

<親子丼サラダ風>2人分
材料:
鶏もも肉1枚、卵2個、プチトマト6個、レタス2~3枚、紫蘇5枚、雑穀ご飯2杯分
調味料(梅酢、醤油各50ccをあわせておく)

作り方:
①レタス、紫蘇は千切り、プチトマトは4等分にしておく。
②卵は温泉卵にする。
 (たっぷりの水に卵を入れた鍋をIH保温70℃20分、すぐに水で冷やす)
③フライパンにバター(分量外)を入れ、ゆでモモ肉を両面パリッと焼き付ける。
④③に調味料を入れて、照り焼きにする。
⑤④を一口大に切り、皿に盛る。


では、材料の効能をみてみましょう。

・鶏もも肉…カラダを温めてくれる。元気をチャージ。ヘム鉄も豊富です。
・卵…潤いや血を補う。
・トマト…ストレスに弱い肝臓を整える。カラダに必要な水分をチャージ。
・レタス…カラダの不必要な水分を追い出す。
・紫蘇…カラダを温めてくれる。気分をリフレッシュ。
・酢…カラダを温めてくれる。血を巡らせる。

生野菜はカラダを冷やすので、カラダを温めてくれる紫蘇や鶏肉、酢を使いました。
また、鉄はビタミンcや酢と一緒に摂ると吸収がアップします。
梅酢が甘いので、醤油と合わせて甘酢和えの味付けになりました。
普通の酢の場合はみりんを入れてください。

スポーツのあとはカラダの水分が失われがち。
血も気も使うと考えられています。
使ったものはその日のうちに補っておきましょう。

また、疲れているときは、何品もあれこれ食べるのが面倒なことがあります。
小さなお子様は、公園でいっぱい遊んだあとの食事は椅子で眠ってしまったり…
そんなときには、一皿で栄養が摂れる丼がおススメです。

長くなりましたので、薬膳シチューのレシピは次回に…
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです
皆さまの1日1回のクリックがランキングポイントとなります
☆応援ありがとうございます☆

* Category : アスリート薬膳メニュー

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する