生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪ 受け入れる力と消化吸収力
FC2ブログ

生き方の道しるべ~中医学に恋してる♪

薬膳は美味しくて、中医学は日常に溢れています

受け入れる力と消化吸収力

おはようございます。
今藤さちよです。



この季節は、
うぐいすちゃんの声で目がさめます。

今年の子も昨年同様、

はじめから、
鳴くのがとってもじょうず。


毎年毎年、
当たり前に同じように繰り返す、

季節を感じられて、

ありがたいなぁと思います。






体の中で、

「受け入れる」ことを担当しているのは、

消化して吸収するところ、


中医学ではここを、「脾(ひ)」と呼びます。



脾(ひ)は食べたものを、

好きなものも嫌いなものも、
体に合うものも合わないものも、
お腹空いてる時も空いてない時も、


文句も言わず、
受け入れてくれます。



そして、
心と体はつながっている、と考える中医学。


心の、

イヤだなぁ、も、
自分には合わないなぁ、も、
でもガマンしなきゃなぁ、も、

みんな受け入れます。





だから、

食べ過ぎて、
飲み込み過ぎて、

脾(ひ)が弱ると、


受け入れる力はおとろえて、

さらにクヨクヨと、
思いわずらうようになってしまう、

という悪循環に陥ってしまったりするのです。





例えば、

何か問題(と思えること)がおきたときに、

「なんでこんなことが起きたのだろう」
「自分のせいかなぁ」

などなど、
考えるクセがある方は、

脾(ひ)の受け入れる力が
弱っているのかもしれません。




わたしも、
とっても脾(ひ)が弱いんです。


すぐにもたれるし、
なんでも飲み込んできたし^ ^;


事あるごとに、
「なんでこんなことになるんだろう」と、

自分をせめながら、
他人をせめながら、

考えても仕方のないことをグルグルと、
考えるクセがありました。



だけど、
薬膳を学んで、

食べすぎないようにしたり、
冷たいものをやめたり、

自分の脾(ひ)をいたわるようになってから、


周りのことも自分のことも、
「それでいいよね」
って、

ずいぶんと、
受け入れられるようになりました。




脾(ひ)は、とってもがんばり屋さん。


だから、

胃がもたれたり、
舌に苔がたまっていたり、
便がゆるんだり、
目やにが気になったり、


そんな、
脾(ひ)からの黄色信号を受け取ったら、

食べる量を少し減らしてみると、


体だけでなく、
心も楽に、

受け入れられるようになるかもしれません。



脾の働き方改革♪

きっと、
喜んでくれると思います。



日曜日、
何をしてもしなくても、素敵な一日♡





あなたのやわらかな光が、
大切な人へと広がりますように。



今日も読んでくださり、
ありがとうございます。




☆ランキングに参加中です☆
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
♡いつもありがとうございます♡



***↓以下お知らせリンクです↓***

五行薬膳カウンセリングにつきまして

五行薬膳カウンセリングのご感想

ブログのご感想お寄せください



いつもありがとうございます(*^^*)



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

☆ブログランキングに参加しています☆
ポチッと応援していただけたら嬉しいです
皆さまの1日1回のクリックがランキングポイントとなります
☆応援ありがとうございます☆

* Category : 薬膳コラム

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する